バスケットボール女子世界ランキング!リオオリンピック時点最新で日本16位

20160814_バスケ

Pocket

FIBA(国際バスケットボール連盟)が発表

リオデジャネイロオリンピック、日本女子バスケットボールが格上相手に勝利を重ねています。その度に各国の世界ランキングのことが出てきますし、リオオリンピック時点のFIBAの発表しているランキングをまとめました。

 

スポンサーリンク




青字はリオ予選リーグで対戦した相手です。()内は予選の試合結果です。

1位:アメリカ

2位:オーストラリア(○92-86●日本)

3位:スペイン

4位:フランス(●71-79○日本)

5位:チェコ

6位:ロシア

7位:ブラジル(●66-82○日本)

8位:中国

9位:カナダ

10位:ベラルーシ(●73-77○日本)

10位:トルコ(○76-62●日本)

12位:韓国

13位:キューバ

14位:セルビア

15位:アルゼンチン

16位:日本

17位:ラトビア

18位:アンゴラ

19位:マリ

20位:クロアチア

21位:ギリシャ

22位:ニュージーランド

23位:イギリス

24位:セネガル

25位:プエルトリコ

26位:リトアニア

27位:チリ

28位:モザンビーク

29位:モンテネグロ

29位:スロバキア

…以下、77位まで

 

※2015年10月3日時点

 

参考:

FIBA World Ranking, women – FIBA.com

 

こうやってみると予選リーグはすべて世界ランキングが上の相手だったのですね。

 

スポンサーリンク



 

なぜ2015年のランキング?

バスケの世界ランキング、リオオリンピック時点は2016年のものじゃないの?と疑問になりました。2015年10月3日のものが最新のものです。

 

世界ランキングの算出方法は、以下の大会での結果をもとにポイントを付与しています。期間としては、過去2回のオリンピックを含むようにしています。

 

・オリンピック(2回分)

・女子バスケットボール世界選手権(2回分)(五輪の中間年に開催。2012年や2014年)

・バスケットボール女子アジア選手権(4回分)

・同様に、その他の地域でのバスケットボール女子○○選手権(4回分)

 

バスケットボール男子アジア選手権が2015年9月23日~10月3日で開催されました。世界ランキングのポイントが付与される最新の試合となっています。女子も男子に合わせて10月3日に更新したようです。

 

こうやってみると、前回、そして前々回と日本が出場できなかったオリンピックも世界ランキングのポイントの対象となっていて世界ランキング16位となっていることを考えると、ここ最近で日本女子のレベルがぐっと上がってきてきっとランキング以上の実力となっているのでしょう。予選リーグを勝ち上がって準々決勝では世界ランキング1位のアメリカとの対戦となりますが、正々堂々とチャレンジしてほしいです。

 

関連記事:

アカツキファイブとは?バスケットボール男子女子日本代表の愛称

 
スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です