猫ひろしオリンピック決定現在のカンボジアと日本の生活は?自己ベストと年齢のことも

20160620_スポーツランニング

Pocket

自己ベストは2時間27分52秒

猫ひろし、リオオリンピック代表決定!!!本当にカンボジア代表になってしまうなんてびっくりでした。目標は自己ベスト更新だそうです。

 

スポンサーリンク



 

以前、猫ひろしとマラソンについて調べたことがあったのですが、1977年8月8日生まれで初マラソンは東京マラソン2008、30歳のとき。記録は3時間48分57秒でした。一般的な記録よりは早い方なのですが、2時間台には遠く及びません。

そこから努力して37歳、東京マラソン2015で自己ベストの2時間27分52秒。

そして今年38歳で、2016年5月8日、カンボジア代表選考の大会で2時間44分で優勝。五輪参加標準記録の2時間19分0秒には届きませんでしたが、その国で陸上の全種目を通じて記録の突破者がいない場合に男女1選手ずつを派遣できる特別措置で代表に選ばれました。30歳からマラソンをはじめて記録を伸ばして、8年目にして夢をつかむというのは素直にすごいことだと思います。

(参考:【マラソン】猫さんのリオ五輪代表を発表 カンボジア五輪委 – 産経ニュース

 

カンボジアに国籍を変えた猫ひろしですが、気になるのは、現在、どのような生活をしているのかということ。どれだけカンボジアで生活しているのでしょうか。根は真面目な性格というだけあって、Twitterをまめにアップしている猫さん。Twitterから、ここ3ヶ月の生活をまとめてみました。

kmで記載しているのは、その日練習で走った距離。仕事のことや練習のこと、Twitterにアップされているものを書きましたので、実際はもっと仕事をしているし練習しているかと思います。

 

スポンサーリンク



 

2016年4月

4月1日 日本→カンボジア

4月2日 カンボジア 33㎞

4月3日 カンボジア 26㎞

4月4日 カンボジア 30㎞

4月5日 朝26㎞、夕10㎞

4月6日 20㎞+アップとダウンで10㎞

4月8日 日本(名古屋・番組収録)

4月9日 日本 午前中15㎞、優15㎞

4月11日 日本 (雑誌の原稿書き)

4月12日 日本 (新宿・ライブ出演)

4月13日 日本 (川崎・相撲観戦/東京・ラジオ番組)

4月14日 日本 40㎞

4月15日 日本 10㎞(茨城・ステージ)

4月16日 日本 朝5㎞、夕方15㎞

4月17日 日本 練習

4月18日 日本 午前中25㎞、夕方5㎞

4月19日 日本

4月20日 日本

4月21日 日本(東京・ライブ出演/東京・ラジオ)

4月22日 日本(栃木・仕事)

4月23日 日本(栃木・イベント出演)

4月24日 日本(茨城・ステージ)20㎞

4月25日 日本(東京・カンボジア支援協力者にご挨拶)20㎞

4月26日 日本

4月27日 日本

4月28日 日本(管理栄養士とミーティング、ワハハ本舗稽古場へ) 20㎞

4月30日 日本 練習

 

2016年5月

5月2日 日本 5㎞

5月3日 日本→韓国

5月4日 カンボジア 練習

5月5日 カンボジア 練習

5月6日 カンボジア

5月7日 カンボジア 練習

5月8日 カンボジア

 

5月9日 カンボジア (雑書の原稿書き)(疲労回復でしばらくは練習お休み)

5月10日 カンボジア

5月11日 カンボジア

5月12日 カンボジア 筋トレ、ウォーキング

5月13日 カンボジア

5月14日 カンボジア

5月15日 カンボジア

5月16日 カンボジア 練習再開

5月17日 カンボジア 練習

5月18日 カンボジア 練習

5月19日 カンボジア 800×8本、25㎞ラン、加圧筋トレ

5月20日 カンボジア

5月21日 カンボジア ランニング3時間以上

5月22日 カンボジア 40㎞ラン

5月23日 カンボジア

5月24日 カンボジア 練習

5月25日 カンボジア 練習、オリンピックカンボジア代表の報道

5月26日 カンボジア 20㎞

5月27日 カンボジア 2部練習

5月28日 カンボジア 1部練習

5月29日 カンボジア 40㎞ラン、スピード練習

5月30日 カンボジア

5月31日 カンボジア 2部練習

 

2016年6月

6月1日 カンボジア 練習

6月2日 カンボジア 20㎞ラン、筋トレ

6月3日 カンボジア

 

6月4日 カンボジア 朝ジョギング、午後練習

6月5日 カンボジア スピード練習、ジョギング

6月6日 カンボジア 2部練習、加圧トレーニング

6月7日 カンボジア 2部練習

6月8日 カンボジア 練習

6月9日 カンボジア 練習

6月10日 カンボジア 練習

6月11日 カンボジア

6月12日 カンボジア

 

6月13日 軽めにジョギング

6月14日 日本 練習

6月15日 日本 練習

6月16日 日本 3部練習

6月17日 日本 21㎞、その後また練習

6月19日 日本 高地トレーニング

 

 

カンボジアで大会があったこともあるかと思いますが、カンボジアに滞在している日数ってかなり多いなと感じました。日本にいるときはほぼ仕事や仕事関連の予定がありつつも、練習に打ち込む日々。練習量もすごくて、10㎞走ったっていうのが短く感じてしまうくらいです。

Twitterを見ていると、カンボジアに滞在していることを「帰国中」、日本にいることを「来日」と表現していて、カンボジア国籍ということで言葉にも厳密になっている真面目な性格が伺えました。

 

カンボジアの友達との交流

Twitterを見ていて、カンボジアの友達の話題が多いなと思いました。現地の人々とも積極的に交流しているようです。

 

 

 

 

 

カンボジアでの練習では現地の方にも協力していただいているようです。そのような方々がいるからこそ、活動ができているのでしょう。

 

カンボジアでの日本あれこれ

カンボジアの食べ物や飲み物。

 

 

 

思わず笑ってしまいます。そんなカンボジアは親日です。猫さんの話からは脱線しますが、こんな話も。日本がつくったものが紙幣になっています。

キズナ橋

2001年に日本の無償援助で完成した1360mある橋。
橋の入り口には日本語、クメール語、英語で橋の名前が刻まれている。
2011年現在、カンボジア紙幣500リエル札の裏面にも肖像されている。

 

出典:キズナ橋 | カンボジア クロマーマガジン

 

他にもあるある、カンボジアでの日本。

 

 

 

 

カンボジアへの社会貢献

マラソンに取り組むだけでなく、カンボジアへの社会貢献もやってきた猫ひろし。1度や2度だけでなく、数年もの間、長きにわたってやっていることが素晴らしいなと思いました。

カンボジアの選手は貧しくて、足が痛くても湿布やテーピングもないというのを、目の当たりにしてきました。

 

猫はカンボジアで孤児院を訪ねて、子どもたちにオモチャや文房具をプレゼントし、日本国内で集めたシューズやTシャツを選手仲間に配布。“第2の母国”に社会貢献で恩返しをしている事実は、あまり知られていない。

 

出典:猫ひろし 五輪切符つかめたワケとは

http://www.daily.co.jp/gossip/2016/06/12/0009177400.shtml?pg=2

 


国籍変更によりオリンピック出場となった猫ひろしですが、私の気持ちとしては、それなりに足が速い人がオリンピックに出たいからといって、猫さんと同じくらいの努力や貢献ができるかといったら、そうではないだろうなと思います。ロンドンオリンピックではルールの関係で出場できず、そこから4年越しで掴んだ夢の舞台で、ぜひともベストな走りをしてほしいです。

 

関連記事:

東京マラソン明日開催!芸能人歴代1位の猫ひろしの過去タイム

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です