真田丸吉野太夫は間者?第30話「黄昏」予告徳川か豊臣から送り込まれた?

20160725_吉野太夫間者

Pocket

第29話「異変」終了後の予告にて

真田丸第29回「異変」。本編も、思うことや感じることがたっくさんのストーリーでしたが、でも次回予告でびっくり仰天のシーンが。

 

スポンサーリンク



 

小刀を持っている出浦様に、もう恐らく息をしていないであろう吉野太夫。それを見つめる昌幸。「よう気付いたのう…」とのセリフ。そのあとに本多正信が出てきて「役立たずめが…」と。

 

えぇっ!!吉野太夫って訳ありな人だったの!?と動揺したのですが、そう思ったのは私だけではなかったようです。「吉野太夫は間者だったのか」と考えた人が続出です。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

吉野太夫は初代から10代までいて、今回の真田丸の吉野太夫は初代となります。2代目が有名で史料が残っているそうですが、それ以外の吉野太夫についてはよく分かっていないそうです。それで三谷さんの脚本力でただの美人さんっていう以上の意味を持つ人物になっているようですね。

 

誰からの間者?

たぶん、間者っていうことには間違いなさそうな気はするのですが…一体誰が?というのが気になります。

裏を読み過ぎですが、信繁の正室となった春ちゃん、石田治部から「春は悪い娘ではないが…あれは苦労するぞ」と話していました。つっかかる言葉ですね。もしや春ちゃんが?と思ったりもするのですが、ここまで考えて、それ以上に可能性がありそうなのが大谷刑部殿だなって思いました。おすての件で先まわって葬儀の手配なんてしてましたし、今回も秀吉の最期が近いことを見通して真田家の行動を監視しておきたくて吉野太夫を…なんていうのは考えられなくもないです。正信の役立たずめがっていうセリフは、実は視聴者をだますための次回予告のナイス編集だったっていう可能性もあります。

 

そして気になったのが稲ちゃん。今回急に信幸に心を許したような感じでしたが、元々徳川からは間者としての役割で真田家に嫁いでいます。徳川へ真田の動きを知らせようとしたらおこうさんに破られたりもしましたよね。誰かからの命令で信幸ともっと仲良くして情報を仕入れてこいなんて言われたのかも知れません。それで昌幸が吉野太夫と仲がいいって情報を稲が徳川に伝えて、そこで徳川が吉野太夫にかけあったっていう流れも不自然ではない気がする。…なんだけど、実は気づいたら稲は信幸を好きになっちゃったパターンとかないかな。

 

豊臣がっていう可能性を考えている人もいるようですが。んー。これはどうだろう。さっきも言ったように豊臣側の大谷刑部はあり得る気もしますが、石田三成は根は誠実で優しいからこういうことしない気がする。秀吉はもうここまで考える力はないでしょうし、そのほかの豊臣家の重臣も違う気がする。片桐殿は胃が痛いってことでいっぱいいっぱいだろうし、するめおじさんは面倒なこと嫌いだろうし、加藤清正や福島正則は正面から突破していきそうだし。

 

まぁノーマルに考えたら徳川でしょうね。そしてこの一件もあって昌幸は関ヶ原では徳川にはつかなかったとかね。さて、吉野太夫の謎、一体どんな展開なのでしょうか。

 

吉野太夫は偽物と入れ違っていた…

さてさて、放送を見ました!!!

忍びだったのですね。そして本物は京にいると。豊臣秀吉の様子を探ろうと徳川家の本多正信が手配していました。出浦様の「同類は、目を見れば分かる」というのがかっこよかったです。

 

さてさて、みんなの感想。

 

 

あの色気は不二子ちゃんだったのかも。

 

 

 

 

 

入れ替わってからは昌幸に対してめっちゃ色気仕掛けで来てますからねぇ。

 

演じていた中島亜梨沙さんも、演じた心境についてこのように話しています。

監督からも、「あまり別人だとわからないように演じてほしい」というお話がありました。

第28回からの吉野太夫は、徳川家から送り込まれた忍びなので、本物の吉野太夫とは目の奥に宿しているものが違います。昌幸をなんとか調略したい、そして、任務に失敗すれば命はないと、常に緊張感を持っています。だけど、表面的にはそれがわからないように。笑っているけれども、目の奥は笑っていなかったり、切羽詰まった必死さや、“吉野太夫を演じている忍び”の無駄に色っぽい雰囲気の違いなど、そのあたりをもう一度見直していただいた時にわかっていただけたら、とても嬉しいです。

吉野太夫 役 中島亜梨沙さん ~再登場で別人に入れ替わり~

 

言われてみたら確かに違ったんですけど、でもまさか入れ替わっているなんて思いませんでした。中島亜梨沙さん、お見事な演技でした。

 

そのあと、昌幸が薫を呼び寄せて、何も聞くなっていうシーンも夫婦っぽくて良かったです。城をつくるという生きがいをなくし、そして女性に走ったらそこで自身の不甲斐なさを思い知らされた父上。これからどうなるのでしょうか。

 

関連記事:

真田丸昌幸ロスで草刈正雄ロスに…第38話九度山への蟄居で最期を迎える

真田丸第28話「受難」豊臣秀次と新納慎也年齢は?スタジオパークで年齢の話も

 

 

スポンサーリンク




2 Comments

匿名

昨夜殺された間者のニセ吉野太夫とは別に本物の吉野太夫が健在しているのなら、改めて本物を再登場させて健在をアピールした方がいいですね。

返信する
もも

コメントいただきありがとうございます!

私は偽物と入れ替わってたっていうのにひたすらびっくらしてそこまで考えが及ばなかったのですが、ツイッターとか見てみると、本物に再登場して欲しいって声、多数だなと感じました。

サプライズ再出演に期待しています。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です