Mステウルトラフェスに尾崎裕哉!時間は後半で「I LOVE YOU」を熱唱

20160918_%e5%b0%be%e5%b4%8e%e8%a3%95%e5%93%89%e3%80%8e%e4%ba%8c%e4%b8%96%e3%80%8f

Pocket

2016年9月19日(月祝)のミュージックステーション30周年ウルトラFESに、尾崎裕哉さんが出演します!曲は父・尾崎豊さんの「I LOVE YOU」。私はまだ尾崎裕哉さんの声を聴いたことがなく、ウルトラFESすごい楽しみです。

 

ウルトラFESは9月19日(月祝)の昼12:00~夜21:48と約10時間。前半の12:00から登場の出演者、そして後半の17:00からの出演者が紹介されていますが、尾崎裕哉さんは後半組です。

参考:MUSIC STATION ウルトラFES|テレビ朝日

 

→番組見ていて後半戦の突入する前にこれからの予定が出ていたのですが、尾崎裕哉さんの時間は18時台になるようです!

TBS「音楽の日」で大反響

2016年7月16日(土)のTBSの番組「音楽の日」。毎年恒例の音楽のスペシャル番組ですが、この日尾崎裕哉さんがテレビ初登場となり話題となりました。私、見ていなくってあとでみんなの感想を見て、そんなに良かったんだーとすごく残念な気持ちになりました。今回ウルトラFESに登場ということでとてもうれしいです。 「音楽の日」の感想をピックアップしてみました。  

 

 

 

  みなさんの感想見てたら、尾崎裕哉さん鳥肌が立って涙が出るレベルで歌が上手だったんですね。「I LOVE YOU」よりも、オリジナルの「始まりの街」の方が父親に似ていたという声も多かったです。  

 

 

僕の父は尾崎豊。僕は彼のことが大好きだった。

で、色々調べてたら、尾崎裕哉さん、『二世』(新潮社)っていう本を書かれていたのですね。本に関して、コブクロの黒田さんとのインタビューがあって興味深かったです。

黒田 「音楽の日」で聴いたとき、母親へのアンサーソングというだけじゃなく、息子と父親のつながりの曲としてもいいな、と思いましたよ。 尾崎 ありがとうございます。僕はずいぶん長い間、納得のいく歌詞が書けなかったんです。自分が歌詞で伝えたいこと、たとえば愛について伝えたいと思ったら、そこにはすでに「I LOVE YOU」とか「OH MY LITTLE GIRL」があるじゃないですか。僕は父親を尊敬しているし、父親はひとつの理想形なんです。だから、じゃあ、自分はどう歌えばいいんだろう。自分らしさって何なんだろうって、ずっと悩んでしまって。 黒田 誰かが作った曲を強烈に意識しながら自分の曲を作るっていうのはしんどいですよね。しかも、その誰かの曲が強烈な原体験であり、ひとつの理想形なのに、そこから遠ざかるように曲を作るというのは……。お父さんが尾崎豊さんというのは、裕哉くんだけに与えられた「越えなければならない壁」だと思うし、その壁は高いと思う。 尾崎裕哉『二世』|新潮社

本の紹介ではこのようにも書かれています。

僕の父は尾崎豊。僕は彼のことが大好きだった。彼になりたいと思うくらい。それなのに、いつしか彼の息子であることを隠して生きるようになり、自分の中から彼を消し去ろうとさえしたーー

20160918_%e5%b0%be%e5%b4%8e%e8%a3%95%e5%93%89%e3%80%8e%e4%ba%8c%e4%b8%96%e3%80%8f

出典:尾崎裕哉『二世』|新潮社

父親の尾崎豊さんの記憶はないという尾崎裕哉さんですが、尾崎豊さんが尾崎裕哉さんの人生に大きな影響を与えてることは間違いなく、でも裕哉さんは裕哉さんの素晴らしい歌を歌ってほしいですね。   そんなことを考えながらミュージックステーションのウルトラFESを見ようと思います。

Mステ尾崎裕哉さんの感想

尾崎裕哉さんのI LOVE YOU、聴きました!!! めーーーーーーちゃ良かった!!! 尾崎豊さんに似てるんだけど、でも息子だからとか似てる似てないそういうの関係なく、感動しました。「音楽の日」で「鳥肌が立った」という人の気持ちが分かりました。これは本当に鳥肌モノでした。   まず尾崎豊さん、そして尾崎裕哉さんの紹介のVTRが流れていたのですが、その映像をしみじみと見つめていた裕也さんの表情が印象的でした。その後タモリさんとのトークになったのですが、小さい頃から尾崎豊さんの曲を聴いていたし、そして『I LOVE YOU』はよく歌っていたそうです。意外でした。 タモリさんから「2歳の頃だから逆に素直に歌えるんじゃない?」と言われていました。なるほどそうかも知れませんね。裕哉さんも「そうですね、父を探すように歌っている」と話していました。話しているときは、印象のいい青年だなというふうに感じました。   そして今回の『I LOVE YOU』を歌うにあたって「父を偲ぶように」と話していたのですが、いざ歌いだすと、先ほどのいい青年から完全に歌い手の表情になっていました。マイクに向かっていい声を届けることのみに集中していました。   彼は本当にアーティスト。ただ「父に声が似てる」というだけでは、あれだけの響き渡る声は出せないと思います。歌が上手くて実力がある、プラスで、人の心を揺さぶる力を持っている人だなと感じました。   今回聴いて、彼がこれから素晴らしい音楽活動ができるようにと心から思いました。今日もまだまだ彼の歌を聴いていたかったです。   で、次のアーティストがB’zの松本孝弘さんで良かったなと密かに思いました…実力ある方じゃないと彼の次はやりにくかっただろうなと。。   みなさんの感想も。反響がすごいです。

 

 

 

 

 

やはり尾崎豊さんに「似てる」というだけでなく、それ以上に何か感じるものが聴いていてあったようです。尾崎豊さんの魂を受け継いでいるような、でもそれはご本人が繰り返し尾崎豊さんの曲を聴き、そして人生経験を重ねるうちに習得したものなのか。   次にこうやって尾崎裕哉さんの歌声を聴けるのはいつになるのかな。またミュージックステーションに出演してくれる日を心待ちにしています!  

 

関連記事: 尾崎裕哉さんプロデュースの四角大輔さん。どちらも大好きな人です

【書評】尾崎裕哉『二世』感想!父・尾崎豊と母、そして音楽への想いを語る

Mステウルトラフェスに宇多田ヒカル!時間は後半で曲は「桜流し」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です