スタバ新作12月はアップル!クリスマスメニュー第3弾アップルサイダーって何?

20161117_%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%90%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%aa%e3%82%aa

Pocket

発売日は2016年12月1日(木)

“アップルサイダー”ってことですが、サイダーって元々「りんごジュース」って意味なんですね!知らんかった…。『ホットベイクドアップル』『ベイクドアップルフラペチーノ®』が12月1日(木)に登場します。

 

スポンサーリンク



 

 

販売期間

2016年12月1日(木) ~ 2016年12月25日(

 

値段

ホットベイクドアップル

Short ¥420、Tall ¥460、Grande ¥500、Venti® ¥540(税別)

ベイクドアップルフラペチーノ®

Tall ¥540(税別)(サイズはTallのみ)

 

プレスリリース(2016/11/17) | スターバックス コーヒー ジャパン

 

よく見るとお菓子の家にりんごが…

2016年、ホリデーシーズンの新作、第1弾、第2弾、第3弾と登場となりました。第3弾が今回のアップル達です。

ジンジャーブレッドハウスから飛び出したというストーリーで、三段階に分けて登場してきたトリオビバレッジ。第一弾は雪の降り積もるジンジャーブレッドハウスの屋根をイメージしたスノー ピーカン ナッツ ラテ。第二弾はジンジャーブレッドハウスのベースとなるジンジャーブレッドクッキーをイメージしたジンジャー ブレッド ラテ。そして第三弾は壁に飾られたりんごのオーナメントをイメージしたホット ベイクド アップル。

プレスリリース(2016/11/17) | スターバックス コーヒー ジャパン

 

写真にも、ジンジャーブレッドハウスにりんごが飾られています。

20161117_%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%90%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%aa%e3%82%aa

出典:プレスリリース(2016/11/17) | スターバックス コーヒー ジャパン

 

スポンサーリンク




…と、写真を見てて他愛もないことが気になったのですが、第1弾のピーカンナッツの新作が登場しますよっていうときの写真はどうだったのでしょう。

 

こちら。

 

20161019_%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%902016%e5%b9%b411%e6%9c%88%e6%96%b0%e4%bd%9c%e7%ac%ac1%e5%bc%be

出典:プレスリリース(2016/10/18) | スターバックス コーヒー ジャパン

 

おおっ!このときもジンジャーブレッドハウスにりんごが飾られているではないか!!!!

 

いやー、このときから既にクリスマス新作トリオのストーリーは始まっていたんですね。ってことは屋根にくっついてたのはピーカンナッツだったんだなと今更気付きました。この写真みたときに、第3弾はりんごかなって勘付いた人がいたとしたら天才です。

 

アップルサイダーって?

ホット ベイクド アップル』は温められたりんごの甘くほのかに酸味のある味わいがふんわりと広がるホットビバレッジです。アメリカではクリスマスシーズンになると、温めたりんごジュースにスパイスを加えた“アップルサイダー”を楽しむ伝統的な習慣があります。『ホットベイクドアップル』はこれにインスパイアされ、日本オリジナルで開発しました。バリスタが1杯ずつ温めるオリジナルのアップルジュースベースにたっぷりのベイクドアップルソースを加え、まるで焼きたての焼きりんごを食べているかのような風味が楽しめるこのビバレッジは、今年のホリデーシーズンの自信作です。

プレスリリース(2016/10/18) | スターバックス コーヒー ジャパン

 

サイダー!ホットで炭酸なんだ…なんて思った人は私だけではないはず。ちょっと調べてみたら、そういうことだったのですね。

クリスマス、各国の定番ドリンクを楽しむ

米国にはもうひとつ、定番の飲み物がある。「ホットアップルサイダー」だ。サイダーといっても炭酸飲料ではない。一門さんによると、米国では多くの場合、ろ過処理をしないリンゴジュースのことをサイダーと呼ぶ。果肉などが残っているのが特徴だ。

リンゴやオレンジをクローブやシナモンスティックなどのスパイスと一緒に15分ほど煮込む。沸騰寸前の状態を保つのがコツだ。英国の「ワッセイル」という名前のリンゴ酒と作り方が似ている。ワッセイルには「健康であれ」という意味があり、こちらもクリスマスによく飲まれている。

クリスマス、各国の定番ドリンクを楽しむ|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE

 

西洋のクリスマスってクリスマスツリーに七面鳥っていうイメージが強くて。日本ではあまり知られてないクリスマスの風習ってたくさんあるんですね。勉強になります。

 

さてさて、じゃあなんで「サイダー」って呼ぶんだっていうのが気になったんですけど。語源を調べてみたところ、こんなQ&Aにたどり着きました。

サイダーとラムネの違いはなんですか。

サイダーはリンゴ酒のシードル(Cidre)が語源と言われ、明治時代はリンゴ風味、容器は王冠栓の瓶でした。ラムネはレモネード(Lemonade)がなまったものと言われており、レモン風味で容器はビー玉栓のガラス瓶でした。長い年月を経るうちに、2つの境目はあいまいになり、現在は容器によって区別されています。

サイダーとラムネの違いはなんですか。 サントリーお客様センター

 

そうだったのかー!ラムネとサイダー、似て非なるもので、味や作り方の違いとかあるんじゃないかなって思ってたんですけど。案外、容器が違うだけで中身は同じだったとは。

 

そんな炭酸のサイダーもラムネも使われていない「ホットベイクドアップル」ですが、「今年のホリデーシーズンの自信作」っておっしゃってますのでかなり期待しています。ドリンクなのに「焼きりんごを食べているかのような風味」ってことですが、どんな新作なんでしょうか?

 

さらには「ベイクドアップルフラペチーノ®」は、カラメル風味のりんご果肉が入った、シャキシャキした食感が楽しめるフラペチーノ®だそうですよ。同時発売のアップルのビバレッジですが、それぞれ違ったおいしさが楽しめるようで楽しみです。

 

関連記事:

スタバプリン食べたらめっちゃおいしかった!クリスマス2016新作メニュー

スタバ新作11月まとめ!クリスマスホリデーシーズンのこれまでのメニューたち

スタバ新作11月ピーカンナッツ飲んだ感想!クリスマス第1弾シンプルでおいしい

 

スポンサーリンク



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です